ある程度の情報開示

私が今から話すことは、凶悪界、神上位級以上を目指す人に対するものです。
興味の無い方は無視して下さい。
①HitdefAttr偽装
一部ではダメージ条件にHitdefAttrを用いることがあります。それを突破するためのものですね。
これを行うためには
・自身のアニメにClsn1がない
・movetype=Aである
・第一属性のあるHitdefを実行している
という条件が必要になります。

この条件を使っている相手は
・聖なるセシリア(聖霊化ON)
・金狼
・美しい斬鉄(Must Dieモード)...etc

②強制死の宣告
基本が出来ることが前提となります。
強制宣告の精度を上げるための手段について書きます。
①時止めの時間は500F以上確保しましょう
②時止め解除タイミングはヘルパーのライフを用いる
③蘇生するタイミングは、試合後時止め解除するタイミングの1F後

簡単に説明するとこんな感じ、では詳細について。
①について
相手の中には結構長めに時止め耐性を付与する相手がいます。
ツーヤ、羅将ゼロがそうですね。
それらに対応するには最低でも500Fほど時止めを実行すると安定します。
②について
強制死の宣告は、ライフが変動できない時間を用いて相手を倒しますが
その変動できない時間がライフバーの設定で変化します。
そのためヘルパーのライフを用いて計測します(ex.gametime%10+1でlifeset)
③について
これは相手のnokoがenemy,aliveなどの場合を突破するためです。
あとはlifeも0の状態であることが望ましい。
life0の状態維持にはヘルパーでのnoko実行が望ましい。
これはenemy,hitpausetimeでnokoの場合に回避するため。
面倒な管理が増えますが、これが出来れば精度は大幅に上昇できるでしょう。

③Hitdefステート返し
混線ステート返しにて有効なものです。
相手のタゲを取得できる可能性を増やすことで、即死できる可能性を増やします。
具体的な番号については
①200~1000まで100刻みの数字
②①の数字に5または10または50を足した数字
③敵ヘルパーに対してHitdefAttrを行い感知したステート
①、②に関してはおよそ汎用的に用いられる通常攻撃がある可能性のステート番号
③は混線OTHKと呼ばれるもので、ヘルパーのhitdef実行管理が甘い可能性があるので。
以上となります。②、③を行うだけで大きく殺傷力は上昇するでしょう。
①は余った時間に実行してみるとよいかと思われます。

ここまで見て頂き、ありがとうございました。
以上になります。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

 強制宣告の情報を参考にD日向の記述を修正したところ、私の環境では確実に刺さるようになりました。ありがとうございます。
(流石にAttr偽装は私の記事なんかよりずっとわかりやすいです(´・ω・`))
プロフィール

Oracle

Author:Oracle
一体いつからここがMUGENの
製作者ブログだと錯覚していた?

その通りだっ!
よくぞ来たな、ゆっくりしていけ!!

※当ブログはリンクフリー。
報告はしなくても大丈夫。

2014/09/28:
ウィッチ・アンジェリーヌ
2017/03/05:
Snow_Wolf
2016/01/20:
Divergence_Mind
2017/03/05:
R-Mizuchi

2015/09/10
Letter_of_Challenge
2015/07/23
Septum_of_the_Heavens
2014/06/05:
kfm-ZERO
2014/09/02:
Todesfall
2014/09/14:
Folgerichtigkeit

2015/01/16:
MUGEN_SpeceDeleter
2015/01/26:
MUGEN_ExclusiveDeleter
2015/12/17:
MUGEN用軌道計算ツール

その他:
撃破挑戦・ネタキャラ
ツール

最新記事
最新コメント
リンク
カテゴリ
月別アーカイブ
検索フォーム
カウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
QRコード
QR